薬用ちゅらトゥースホワイトニングの基本的な使い方

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは、特別な機材がなくても手軽にできるホワイトニングです。

どんな風に使うのか?
効果的に使うにはどうしたらいいのかなどをまとめました。

■薬用ちゅらトゥースホワイトニングの基本的な使い方

薬用ちゅらトゥースホワイトニングの基本的な使い方は、とても簡単で、歯磨きした後に薬用ちゅらトゥースホワイトニングを歯ブラシにつけてブラッシングするだけです。

はじめから使うのではなくて、あらかじめ歯に付いた歯垢とか、カスとか汚れを普通の歯磨きで取り除くのがポイントです。

清潔になった歯に、薬用ちゅらトゥースホワイトニングを塗布することで独自のプレミアム処方で作られたポリアスパラギン酸が効いて汚れを少しずつ浮かせてくれます。

毎日1~3回が目安で、基本は朝一回、夜一回で使う人が多いです。

自宅で忘れそうな人は、職場や出先に持って行って食後の歯磨きの後に使っている人も多いです。

口臭をばっちりカットしてくれる効果が高いので、出かけるときに持ち歩くという愛用者も多くて、接客業や口臭を気にする人に人気です。

使うときは、薬用ちゅらトゥースホワイトニングでブラッシングして軽く口の中をゆすいだ後に、何も付けていない歯ブラシでさらに仕上げにブラッシングすると効果的です。
最後のブラッシングは、強い力ではなく浮かした汚れを取る程度なので、強くゴシゴシしないようにしましょう。

■ホワイトニングするときの注意

薬用ちゅらトゥースホワイトニングを使ってホワイトニングする時は、気を付けないといけない事があります。

薬用ちゅらトゥースホワイトニングが白くできるのは、歯の本来の色を取り戻すだけなので、歯が元から黄色い人はそこまで白くならないです。

汚れが、薬用ちゅらトゥースホワイトニングで落ちたら虫歯の治療の後に気を付けないといけません。
虫歯の治療は、今はセラミックの白い詰め物でする事が多くなりましたが、このセラミックは、数年経つと黄ばんで色が変色してしまうというデメリットがあります。

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは、セラミックまで白くする力は無いので、虫歯の治療の跡がホワイトニングすることで目立ってしまう事があります。

セラミックの虫歯治療は、保険適用なので歯が白くキレイになったら合わせて歯の治療も一緒に行うと、全体的に白くなっていいですよ。

食事に付いて気をつけることですが、緑茶、コーヒー、チョコレート、ワイン、カレー、などは歯に色素が付着しやすいものです。

この歯に色が付きやすい食事をする時は、出先でも普通の歯磨きをするか、ハミガキセットが無ければ、洗面所で念入りにブクブクうがいをして歯に汚れが付かないように気をつけると更に効果的です。

■薬用ちゅらトゥースホワイトニングを使えない人

低刺激で危ないものが入って無いので、ほとんどの人が使えます。

公式サイトでも妊婦でも使えますが、心配でしたら主治医に相談して使ってみてはいかがでしょう?という風に書かれています。

ただ、子供には使えません。微量のアルコールを含んでいるので6歳未満のお子様には使わないで下さいとなっています。

⇒薬用ちゅらトゥースホワイトの公式サイトはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ